DDで罠の位置を共有する「Palace Pal」について
はじめに

当記事のツールを使用することで被るいかなる不利益も
当ブログでは一切の責任を負いません
導入・使用は自己責任です

知的好奇心を満たすための記事であるため、
導入を推奨するものではないことをご理解ください。

ツールを使用するということは
自らのアカウントをBANの危険に晒す行為です。

上記に加えて
攻略の楽しみを失う
他のプレイヤーを不快にする
という可能性を含んでいます。

上記の内容に少しでも嫌悪感を抱かれる方
ブラウザバック強くお勧めします。

以下の内容を読まれる方は
上記に同意したと見なします。

更新履歴

2022/11/19
記事公開。

ディープダンジョン(死者の宮殿、アメノミハシラなど)で使えるプラグイン。

有志がアップロードした情報をもとに罠のある(可能性がある)地点を表示してくれます。

概要と導入

コメントで情報いただきましたので紹介します。

こんな感じに表示されます。

Splatoonが導入されている前提。

導入にはカスタムプラグインリポジトリを利用します。

システムからDalamud設定を開く

Escキーを押してシステム画面を開き、Dalamud設定を開きます。

試験的機能タブでURLを入力

① 試験的機能タブをクリックする

② 入力欄に
https://raw.githubusercontent.com/carvelli/Dalamud-Plugins/master/dist/pluginmaster.json
と入力する

③ をクリックする

④ 保存して閉じるをクリックする

「すべてのプラグイン」から検索しインストール

Palece Palをインストール。

設定画面

最初にこの画面が出てくるので、共有する方を選んでおくことをオススメします。
後から変更することも可。

/pal」で設定画面が開けます。

DDあまりやらないのでよくわかりませんが、

多分このままで良さそう。

Communityのタブで罠情報共有の設定が変更できます。

あとがき

DDを効率よく周回したい人には向いてるのかな、という印象。

おすすめ記事