ミラージュプレートを無制限にする「Glamaholic」について
XIVLauncher-Glamaholic
はじめに

当記事のツールを使用することで被るいかなる不利益も
当ブログでは一切の責任を負いません
導入・使用は自己責任です

知的好奇心を満たすための記事であるため、
導入を推奨するものではないことをご理解ください。

ツールを使用するということは
自分のキャラクターをBANの危険に晒す行為です。

少しでも嫌悪感を抱かれる方
ブラウザバック強くお勧めします。

当ブログを検索結果に表示したくない方は
こちらのリンクを参照し、
弊ブログを非表示にすることを強くオススメします。

XIVLauncherのプラグイン「Glamaholic」についての解説記事です。

このプラグインを使えば、ミラージュプレートの枚数を
実質的に増やすことが可能です。

更新履歴

2022/1/9
記事公開。

2月23日発売!! 暁月のサウンドトラック!!
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場
\最大10%ポイント追加!/
PayPayモール
スポンサーリンク

インストールする方法

「Glamaholic」と検索し、インストール。

使い方の解説

ウィンドウの呼び出し方法

まずはウィンドウを呼び出す方法から。
2種類あります。

呼び出し方法は2種類

✅ チャット欄に /glamaholic と入力する(マクロでもOK)

✅ ミラージュプレート編集の画面のウィンドウの左上のボタンを押す

こんな画面が出てきます。

Plate(ミラプリのセットのことを指します)を追加する方法

Plates」→「New」の順でクリック。

空っぽのプレートが作成されます。

スポンサーリンク

実用例「自分のミラプリ保存・出力」

ミラージュプレートに保存されているミラプリをGlamaholicに保存する

保存したいミラプリのページを開いた状態でGlamaholicの▽を押す。
「Create Glamour Plate」→任意の名前を入力しEnter。

ここでは「スプリガンキャップ」としておきます。
日本語だと、入力し終わらないと表示されません。
入力しづらいと感じる場合は、クリップボードから貼り付けすると良いです。
Ctrl+V で貼り付けできます。

するとこのようにGlamaholicのウィンドウに保存されます。

パンプキンイヤリングのところに黄色い枠が表示されていますが、
これは「ミラージュドレッサー内にこの装備がありません」の表示です。

こちらは愛蔵品キャビネットに入っているので、愛蔵品キャビネットを一回開くと
該当のアイテムを認識するので枠が消えます。

消えました。

Glamaholicからミラプリをプレートにコピーする

保存したミラプリを出力するためには、
プレート編集画面で上書きしたいプレートを開いた状態にして
Glamaholic側で出力したいミラプリの✅マークを押します。

ミラプリを出力し、他人と共有する

ここをクリックするとクリップボードにコピーされます。
こちらは例で紹介しているミラプリを出力したものになります。

スプリガンキャップ

{"Name":"スプリガンキャップ","Items":{"Head":{"ItemId":7544,"StainId":0},"Body":{"ItemId":30052,"StainId":0},"Hands":{"ItemId":9300,"StainId":103},"Legs":{"ItemId":21939,"StainId":101},"Feet":{"ItemId":21035,"StainId":0},"Ears":{"ItemId":8715,"StainId":0},"Neck":{"ItemId":23360,"StainId":0}}}

以下ようにします

「Plates」→「Import」→「Clipboard」でクリップボードからインポートできます。

実用例「他人のミラプリを保存・試着」

まず他人のプロフィールを開きます。
左上にGlamaholicのメニューが追加されています。

クリックするとこのようなメニューが開きます。

プルダウンメニュー

Open Glamaholic Glamaholicのウィンドウが開く

Create glamour plate その人のミラプリをGlamaholicに保存する

Try on →その人のミラプリ一式試着する

「Create glamour plate」をクリックするとこのようになります

Glamaholicに保存してからの使い方は上記で説明したとおりです。

最後に

ミラージュプレートが少ないことに悩んでいる人にはピッタリのプグインですね。

細かい機能で説明していないところはありますが、
最低限使えるようにするための知識はまとめられたかなと思います。

スポンサーリンク

Twitterで新着記事を通知!!