ワンタイムパスワード入力が面倒な人へ!PCを起動するだけで自動でキャラクターログインまで済ます方法【2023/01/06更新】
はじめに

当記事のツールを使用することで被るいかなる不利益も
当ブログでは一切の責任を負いません
導入・使用は自己責任です

海外サイトへの接続を含むコンテンツです。
VPNサービスを契約することを強くオススメします。

知的好奇心を満たすための記事であるため、
導入を推奨するものではないことをご理解ください。

ツールを使用するということは
自らのアカウントをBANの危険に晒す行為です。

上記に加えて
攻略の楽しみを失う
他のプレイヤーを不快にする
という可能性を含んでいます。

上記の内容に少しでも嫌悪感を抱かれる方は
ブラウザバック強くお勧めします。

記事の更新通知などはTwitterDiscordにて行っています。

更新履歴

2023/01/06
記事公開。遅延のためのバッチファイル作成手順リンクを追記。

ワンタイムパスワードを使っていない場合、1の手順だけで完了します。

最近話題にもなりましたが、
ワンタイムパスワード
設定しておくことを強くオススメします。

0. スタートアップフォルダを表示する+デスクトップにショートカットを作成しておく

Windowsキー + R で出てくるウィンドウに「shell:startup」と入力します。

 

これでスタートアップフォルダが出てくるので、
ショートカットを作ってデスクトップに置いておくなどしておくと良いです。

スタートアップフォルダに後述する2つのプログラムを配置します。

1. XIVLauncherを導入する

導入方法はこちらを参照してください。

ログインしたいアカウントのショートカットを作成→配置

デスクトップに表示されるかとは思いますが、作成の方法も記載。

自動的にログイン にチェックを入れておきます。

上図の矢印で示したボタンをクリックすると
下図のアカウントリストが出てくるので、
そこで希望するアカウントを右クリックしてメニューを表示。

デスクトップにショートカットを作成 をクリック

これで作成されたショートカットをスタートアップフォルダに配置します。

2. BlueStacksでXL Authenticatorを設定する

XL Authenticatorを直接起動するショートカットをスタートアップフォルダに配置

BlueStacksでは新しく入れたアプリのショートカットが
自動的にデスクトップに作成されます。

これをショートカットフォルダに配置すれば完了です。

もしショートカットを消してしまうなどしてしまった場合には
以下の手順で作成します。

3. DalamudでAuto Loginを設定しておく

設定完了したらこんな感じ

 
この2つがスタートアップフォルダ内にあればOK
ファイル名は何でも良いです。

XLAuthenticatorがXIVLauncherより先に起動してしまう場合→バッチファイルで遅延させる

XLAuthenticatorを遅延させて起動させる必要があります。

こちらのリンクを参考にバッチファイルを作成してください。

あとがき

この設定があればFF14にログインするのもラクですね。

メンテ開けなどにはAuto Loginが使えないので注意です。

おすすめ記事