【導入+簡易紹介】ハウジングシミュレートツール「MakePlace」について【2023/01/29更新】
はじめに

当記事のツールを使用することで被るいかなる不利益も
当ブログでは一切の責任を負いません
導入・使用は自己責任です

海外サイトへの接続を含むコンテンツです。
VPNサービスを契約することを強くオススメします。

知的好奇心を満たすための記事であるため、
導入を推奨するものではないことをご理解ください。

ツールを使用するということは
自らのアカウントをBANの危険に晒す行為です。

上記に加えて
攻略の楽しみを失う
他のプレイヤーを不快にする
という可能性を含んでいます。

上記の内容に少しでも嫌悪感を抱かれる方は
ブラウザバック強くお勧めします。

記事の更新通知などはTwitterDiscordにて行っています。

更新履歴

2023/01/19
記事公開。
ちょっと分かりづらいツール(とプラグイン)なので、
慣れていない人には厳しいかも?

2023/01/20
家具を配置していくための補足を追記。

2023/01/21
今の家具配置を保存する方法を追記。

2023/01/21 12:08
プリセットコピーのあたりをいくつか追記。

2023/01/29
Apply Interior Layoutでエラーを吐く人へ」を追記。

この記事ではハウジングツール「MakePlace」の使い方について解説します。

XIVLauncher上のプラグイン「MakePlace」と併せて使うことによって、
ゲーム内での家具配置をプラグインに行わせることも可能です。

名前が同じですが、
役割が微妙に違います。
もくじ(タップできます)
  1. トラブルシューティング
  2. 概要
  3. Windows上に「MakePlace」を導入
  4. (自動配置用)XIVLauncherで「MakePlace」をインストールする
  5. (執筆中)プリセットを保存してゲーム内で有効化する方法
  6. 家具を配置していくための補足
  7. 「今の家具配置状況」を保存しておく方法
  8. あとがき

トラブルシューティング

【2023/01/29追記】Apply Interior Layoutでエラーを吐く人へ

手動で設置する方法を試してください。

概要

このツールのメリット

ハウジングをシミュレートできる シミュレータ上で浮かせ・沈めも自由自在

実際に家具を動かしている様子
複数家具をまとめてプレビューできる
というのも大きいですね。

ゲーム内で自動配置ができる

XIVLauncherのプラグイン「MakePlace」を通して、
上記で保存したプリセットを自動で配置することが可能です。

(Windows上の)MakePlaceでできること

✅ 家具配置のシミュレート →浮かせ沈めもカンタンにできて便利です

✅ 他人のハウジング(プリセット)の閲覧 →許可されていればセーブも可能

プリセットを公開している人は
セーブの可否を設定できます。後述。

✅ シミュレートした家具配置のセーブ →ゲーム内で使うためには必須

セーブした家具配置情報は
jsonファイルで出力されます。
それをゲーム内で読み込み
実際に配置していく形。

(FF14内の)MakePlaceでできること

XIVLauncher上のMakePlaceでできること

✅ jsonファイルを読み込み、家具配置を自動で実施Apply

配置してある家具の位置を変更する、という形ですが。

✅ 現在の家具配置をプリセットとして保存(Save) ←現状を保存しておけます

Get Interior Layout → Save
の流れです。後述。

Windows上に「MakePlace」を導入

makeplace-windows.zip をダウンロード

MakePlace公式ページの中段くらいにあります。

Downloadをクリック。

ダウンロードできたzipファイルを解凍し、任意の場所に配置しておきます。

 
私はCドライブ直下に
「FF14」というフォルダを作り、
そこにmakeplaceのフォルダを配置しました。

インストールするわけではなく配置するだけ

MakePlace.exe を起動する

MakePlace.exe を起動します

起動するとこのような画面が最初に表示されます。

 

英語でも十分わかりますが、一応日本語化もできます。

③で日本語を選択できます

これで使う準備は完了。

(自動配置用)XIVLauncherで「MakePlace」をインストールする

XIVLauncherをインストールする

「MakePlace」をインストールする

今回使用するカスタムプラグインリポジトリはこちらです。

https://raw.githubusercontent.com/jawslouis/MakePlacePlugin/master/MakePlacePlugin.json

https://jawslouis.itch.io/makeplace より

Escキーを押してシステム画面を開き、Dalamud設定を開きます。

① 試験的機能タブをクリックする

② 入力欄にURLを入力します。

③ をクリックする

④ 保存して閉じるをクリックする

makeplace で検索してインストール

ゲーム内チャット欄に「/makeplace」と入力することでウィンドウを起動できます。

プラグインリストから歯車マークでも起動できます。

(執筆中)プリセットを保存してゲーム内で有効化する方法

この項目は執筆中です。

足りないところは書き足す予定ですが、
コメントにて解説欲しい部分を教えて頂ければ
重点的に解説をするかもしれません。

あくまで手法の1つを紹介するだけです。
例を見て使い方を学んでいただければと思います。

MakePlace上でプリセットを探す

地球マーク?をクリックする

①で公開されているプリセットを閲覧できます。②で条件指定。
Sort by の部分

Recent・・・最近追加された順

Total Visits・・・訪問された回数順(閲覧数順

Rating・・・評価が高い順

Ratingに関しては、ツール内で「どっちのハウジングが良いですか?」のような
二択のアンケートを取る昨日があり、その結果を反映しているものと思われます。

Size

Apartment・・・アパルトメントもしくはFCの個室

Small, Midium, Large・・・S, M, L

条件指定する部分が表示されない場合の対処法

②の条件指定するところが出ない場合があります
ハウジング部分をクリックしてしまうと別のメニューが表示されてしまうので対処法。

プリセット保存することが許可されているもののみ表示する方法

No saving allowedを外す
これを外すと保存が許可されているプリセットのみ表示されます。

プリセットを保存する →保存したファイルのパスをゲーム内のMakePlaceに入力

特にいじることがなければそのまま。
いじりたいところがある場合はいじったあとで。

①を押すと②と③の部分が出ます。②に名前を入れて③で保存します。

このとき、保存したフォルダパスをゲーム内のプラグインに入力します。

MakePlace内のSaveフォルダに保存されています。
上図の操作をすると、下記のようになります。

~~~\○○.json ←ファイル名までパスを指定

Save\〇〇.json というパスになります。
このときフォルダではなくファイルのパスまで入力する。

MakePlace側はエクスプローラ(ファイルブラウザ)を開いてくれないので、
手入力する必要があります。

なので、自分でエクスプローラ(ファイルブラウザ)を開いておくことで
フォルダパスファイル名をコピーしやすくなります。これで上記作業を行うとラク。

プラグインでjsonファイルを読み込む

ハウジングメニューから「調度品配置」を選択し、家具配置モードに入った状態で
以下の作業を行います。(このウィンドウは/makeplaceで表示できます)

ここまで正しく導入できていれば、Loadを押した際に下図のようになります。

置かれていない家具はグレーアウト状態 全て置かれていなくても自動配置は可能

置かれていない家具グレーアウトしています。
配置されていると・・・
配置されている家具は白文字で表示されます。
家具の自動配置は
全て揃っていない状態でも可能です。
また、染色もどのタイミングでも可能。

自動配置は回転モードにて行う

回転モードにしておく。

Apply Interior Layout で自動配置

家具を雑にでいいので配置した状態から、
下図のApply Interior Layoutをクリックし、自動配置を開始できます。

家具配置の間隔は初期設定で400ms。

染色するのはいつでも良いみたい。

私はまだ完全に試せてはいないので、
なにか追記するべきところが見つかれば追記します。

家具を配置していくための補足

マケボで買い揃える

makeplaceのウィンドウを出しながらマケボを開く

足りない家具を上から買っていくスタイル

まず最初に配置してしまう(染色は後回し)

読み込み直すために

配置した家具の内容を読み込ませたいときは、Loadをクリックします。

 

染色はあとからでもOK

染色が合っているところから埋まっていきますが、合っていなくてもOK
合っていなくても自動配置はできますので、配置したあとに好きな色にアレンジすることも可能。

染色するとこうなる

Sortを押して五十音順で並べ替えしておくと見やすいです。
リストから染めるべき色を見て、「家具の染色」から染めます。どれでも良いです。

そしてLoadから読み込み直すとこのように認識されます。

この後はまた配置しなおす必要があります。(どれがどれか判断して染めるよりラク)

「今の家具配置状況」を保存しておく方法

ゲーム内のウィンドウで「Get Interior Layout」をクリックする

家具配置モードにて。
現在配置されている家具が取得されます。
存在するフォルダ適当なファイル名.json で保存できます。

あとがき

ハウジング全体のプリセットはもちろんありますが、
部分的なプリセット(例えばベッドの家具セットなど)もあります。

全体のプリセットだと被ることが容易に想像できるので、
プリセットの組み合わせでハウジングを練るのもアリですね。

私はハウジング興味ないので・・・
おすすめ記事