ハウジングに役立つプラグイン「BDTHPlugin」【2023/01/17更新】
はじめに

当記事のツールを使用することで被るいかなる不利益も
当ブログでは一切の責任を負いません
導入・使用は自己責任です

海外サイトへの接続を含むコンテンツです。
VPNサービスを契約することを強くオススメします。

知的好奇心を満たすための記事であるため、
導入を推奨するものではないことをご理解ください。

ツールを使用するということは
自らのアカウントをBANの危険に晒す行為です。

上記に加えて
攻略の楽しみを失う
他のプレイヤーを不快にする
という可能性を含んでいます。

上記の内容に少しでも嫌悪感を抱かれる方は
ブラウザバック強くお勧めします。

記事の更新通知などはTwitterDiscordにて行っています。

更新履歴

2022/12/12
記事公開。

2023/01/16
6.3対応しました。
少し毛色が違いますが、
MakePlaceというツールがあります。
そのうち解説を出すかもしれません。

2023/01/17
他にはHousingPosというプラグインもあります。
家具の配置をプリセットとして登録、出力できる感じですかね。
まだ使っていないのでわかりませんが・・・。
ただ、他人のハウジングはコピーできません

このプラグインを用いるメリット

✅ 浮かせパーティション無しで行える

✅ 細かく位置調整ができる

✅ 配置済み家具リストから家具をターゲットできる(TargetFurniture)

安全に使うために

はじめに「他人に不快感を与える使い方ができてしまうことに留意」

煉獄編零式3層にて話題になった「脱法マーカー」の件から、
この部分を書くことにしました。

『FF14』高難易度レイドにおいて、規約違反ツールで設置された「脱法マーカー」が蔓延する。空中に浮かぶ怪しげなマーカーに注意 - AUTOMATON

今回紹介するプラグイン「BDTHPlugin」は、
外部ツールを用いていないとできない設置が可能。

後述しますが、「Place Anywhere(どこにでもおける)」状態にすることで、
通常では設置できない場所に設置できるようになってしまいます。
具体的には、オブジェクト同士が干渉するせいで設置できない場所ですね。

この機能をオフにしても、置けない場所に置くことは可能なので
他人が見て不快感を覚えないように留意して使うことは必須です。

問題なく使用するためには浮かせに関して知識が必要

有識者から意見を頂きましたので、一部抜粋して載せておきます。

使用する前に今一度確認しておいてください。

❌ ゲーム内では絶対に浮かせられない家具がある(トライアングルウォールなど)

❌ アパルトメントでは地下がないので浮かせの制限が大きく、
   家具を沈めることはほぼ不可能

❌ ショーケース水槽重ねかなり凝った浮かせが必要である上に、
   亜空間ハウジングになる。ゲーム内でもやろうと思えばできるそうですが。。

上記を踏まえた上で、どうするべきか

自分自身ゲーム内システムでできること
今回紹介するツールで
過程を省略する(時短する)
ために使用することが望ましい。

このくらいの距離感で使うべきですね。

導入方法

BDTHPluginの導入方法

Escキーを押してシステム画面を開き、Dalamud設定を開きます。

① 試験的機能タブをクリックする

② 入力欄にURLを入力します。

https://raw.githubusercontent.com/LeonBlade/DalamudPlugins/main/repo.json

③ をクリックする

④ 保存して閉じるをクリックする

正式名称「Burning Down the House」

インストールしたら導入は終了。

「TargetFurniture」の導入方法

デフォルトの状態で導入できるプラグイン。

「BDTHPlugin」の使用方法

こちらのプラグインは回転モードにして使用します。
こんな感じで表示されます。

メイン画面

設定さえ終えてしまえば、手打ちで座標(移動量)を打ち込む以外に使うことがないです。

Open Furnishing Listで下図のウィンドウ(Furnishing List)が開きます。

GizmoSnapその右のボタンについては後述します。

Sort by distance近い順に並ぶので便利かも。

Furnishing Listから左クリックするだけでその家具をターゲットできます。

Gizmo・Snap・その右のボタンについて

✅ Gizmo・・・ドラッグして動かすための線を表示するための項目。必須

✅ Snap・・・dragで設定されている値を反映して移動させる。任意で。

✅ 右のボタン・・・家具を東西南北基準で動かすか、家具の向き基準で動かすかの設定。

場合によって使い分ける形。
家具を選択すると1枚目がこうなります
微調整用かも。

実際に動かしてみる

3本出ている線)の、動かしたい軸をドラッグして動かします。

平面をドラッグしても動かせますが、挙動がちょっと分からないので非推奨。

青い線をドラッグしています。

Snapについて

どちらでもOK 使い方2種

✅ オンのまま基本は小さい値で使いながら、大きく動かすときだけ値を大きくする

✅ 基本はオフにして、大きく動かすときだけオンにする。(値は大きいまま)

dragの値は0.1
dragの値は0.5

「TargetFurniture」の使い方

「設置済み家具リスト」のコンテキストメニューからTargert Itemを選ぶだけ

Target Itemを選択

これだけで選択したアイテムをターゲットすることができます。

あとがき

駆け足での解説になってしまっているので、
足りていない部分は順に追記していきます。

コメントいただけるとありがたいです。

おすすめ記事