リテイナーベンチャー用プラグイン「AutoRetainer」について
はじめに

当記事のツールを使用することで被るいかなる不利益も
当ブログでは一切の責任を負いません
導入・使用は自己責任です

知的好奇心を満たすための記事であるため、
導入を推奨するものではないことをご理解ください。

ツールを使用するということは
自らのアカウントをBANの危険に晒す行為です。

上記に加えて
攻略の楽しみを失う
他のプレイヤーを不快にする
という可能性を含んでいます。

上記の内容に少しでも嫌悪感を抱かれる方
ブラウザバック強くお勧めします。

以下の内容を読まれる方は
上記に同意したと見なします。

更新履歴

2022/10/21 記事公開。AutoRetainer 1.2.1.7

概要

✅を入れてあるリテイナーのベンチャーを自動で再依頼してくれます。

Enable AutoRetainer」は呼び鈴を開くたびに毎回ONになっているので、

出品などを選択したい場合には「Enable AutoRetainer」をOFFにしてから

リテイナーのメニューを選択しましょう。

YesAlreadyでの呼び鈴関係の機能はTalkタブ以外すべてOFF推奨

Talkタブでの「呼び鈴」は入れたままでOK。

Enable AutoRetainer」をオフにしてリテイナーをいじるときに会話スキップがなくなってしまうため。

Listタブで「リテイナーベンチャー(完了)」と「リテイナーを帰す」を入れている場合は

削除(もしくはOFFに)しましょう。 この設定のせいでAutoRetainerは使えないって記事を書きそうになりました。

YesAlreadyにて

✅ Listタブで(呼び鈴)のついた選択肢がないか

✅ Bothersタブで「Retainer」のついた2つの項目がOFFになっているか

この2点は確認しておきましょう。

以下は導入方法。その後に細かく設定項目を見ていきます。

システムからDalamud設定を開く

Escキーを押してシステム画面を開き、Dalamud設定を開きます。

試験的機能タブでURLを入力

① 試験的機能タブをクリックする

② 入力欄に https://love.puni.sh/ment.json と入力する(公式です)

公式のレポリンクじゃないと
アップデートの反映が遅い場合があります。

③ をクリックする

④ 保存して閉じるをクリックする

「すべてのプラグイン」から検索しインストール

「auto」で検索すれば引っかかりますので、インストールします。

URL確認を忘れずに。

設定項目

よく分からんけどとりあえず使えればいいという人は スクショの設定のままで良さそう。多分。

Retainersタブ

インベントリの空き2以下の場合は動作を停止する という仕様なので留意ください。

✓を入れたリテイナーに対してのみ動作します。

基本はすべて入れておくのかな、と思います。 好みで設定してください。

ちなみに右上のAuto Enableは以下で説明する項目と同期しているのであまり気にするところではないかも。

Settingsタブ

Semi-automatci Mode 呼び鈴を開くと同時にAutoRetainerのウィンドウを開く(推奨) 右上の「Auto Enable」と連動している。

Turbo Mode YesAlreadyぐらいの速さで動作させる 手動で呼び鈴にアクセスしたときのみ有効(推奨) 開いたままベンチャーが完了するのを待っている場合には無効になる。 完了しているリテイナーがいるときに呼び鈴を開いたときのみ有効になる。

①Assign + Reassign ベンチャーが割り当てられていないリテイナーにはほりだしもの依頼を依頼し、 完了しているリテイナーは再依頼をする(未検証)

②Correct 完了させて依頼しない。

③Reassign 完了+再依頼をする。(推奨)

①、②、③はどれか1つのみしか選択できない。

RetainerSense 5ヤルム以内に呼び鈴がある場合、自動で呼び鈴にアクセスする。 この際、プラグインメニュー(/aysで開ける)を開いておく必要があります。 ハウジングアイテムの「リテイナーベル」で使えるかは不明。

Focus Mode 呼び鈴にフォーカスターゲットしてある場合のみ動作する。

Close Retainer Menu on Completion やることが終わったら勝手に閉じてくれる。 私はいらないのでOFFにしていますが、お好みで。

あとがき

分かりづらい/上手く動作しない などの場合はコメントにて。

上手く動作しない人はYesAlreadyのせいであることがほとんどだと思います。

おすすめ記事